放射能の害は未知数

チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故の後追い調査の結果において、体の大きな成人に比べて体の小さい未成年のほうが広まった放射能の害を一段と受けやすいことが明らかになります。

ピリドキサミンは、あのアミノ酸(Amino acid)をTCA回路(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギーを活用するために必要な回路へ組み込ませるためになお一層クラッキングさせるのを助けるという働きもあると言われています。

杉の花粉が飛散する時に、幼いお子さんが体温はいつもと変わらないのにしょっちゅうくしゃみしたり鼻水が止んでくれない状態なら、その子は『スギ花粉症』の可能性があります。

耳鳴りには種類があって、本人だけに感じられるというタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液の流れのように本人に加えて他の人にも品質の高いマイクロホンなどをあてると響いてくると言われる「他覚的耳鳴り」があります。

500以上もの働きを持つ肝臓に脂質や食物由来コレステロールが多く付着した脂肪肝(しぼうかん)という病気は、肝硬変や脳梗塞を始めとする非常に多くのトラブルの元凶となる可能性が高いといわれています。

汗疱状湿疹とは掌や足裏、または指の隙間などにプツプツとした水疱が現れる症状で、普通はあせもと言い、足の裏に現れると足水虫と混同されることがよくあるようです。

クモ膜下出血はそのほとんどが「脳動脈瘤」という脳の血管の不要なこぶが破裂して脳内出血することが理由となって発症する脳の病気だということを多くの人が知っています。

患者が増えつつある逆流性食道炎は、4日前後きちんと薬を飲めば、大抵、8割~9割の患者さんの自覚症状は消え去りますが、イコール食道粘膜の炎症そのものが根治したことを意味しないので留意してください。

食事という行動は、次に食べたい物を気軽に口へ入れて幾度か咀嚼して嚥下するだけだが、その後身体はまことによく働いて異物を人体に取り入れるように努めているのだ。

食べ過ぎ、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、人間関係などのストレス、加齢といった多様な因子が混ざると、インスリン分泌が少なくなったり、機能が低下したりして生活習慣病に属する2型糖尿病に罹患することになります。

グラスファイバーで作製されるギプスは、非常に強靭で軽量なのにとても長持ちし、シャワーなどで濡らしても使い続けられるという特長があるため、現在採用されているギプスの中でも王道なのは間違いありません。

アルコール、薬、合成乳化剤を始めとした食品の添加物等を分解し、無毒化する働きのことを解毒(げどく)と言い、多機能な肝臓が果たす大事な働きの一つだと言えるでしょう。

もし婦人科の血液検査でやはり卵胞ホルモンなどの分泌量が少なくて早発閉経(そうはつへいけい・POF)だと判明した場合は、不十分な女性ホルモンを補充するような治療で治せます。

常時ゴロンと横向きになってテレビを視聴していたり、頬に頬杖をついたり、踵の高い靴を毎日履くという癖や習慣は身体の上下左右の均衡が乱れる元凶になります。

呼吸器感染症の季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、膨大な研究結果により、注射の予防効果を見通せるのは、ワクチンを注射した日の2週間後から約150日間くらいと言われているようです。